■虚偽の申告をするとおまとめローンの利用は難しくなる


おまとめローンに申し込む際には、ご自身の債務の状況や、他のローンの有無、勤務先や勤続年数を正確に申告する必要があります。

当然のことながら、虚偽の申告をしますと、おまとめローンの利用は難しくなります。

そもそも、おまとめローンを利用する貸金業者は、しっかりとご自身の状況についてしっかり調べることになるのです。

前項でも説明しました通り、信用情報機関という組織があり、過去から現在に渡る全ての金融取引などから、個人情報を入手することができるのです。

ですから、複数の貸金業者からお金を借りている場合には、すべての債務や返済の状況、毎月の返済額などをしっかりまとめて、おまとめローン会社に申告をするのです。

もちろん、正確に債務の全てを報告しましても、おまとめローンを利用できるわけではないのですが、虚偽の申告をしている時点で、信用できない人という烙印が押されてしまうのは間違いないでしょう。

せっかく、おまとめローンができる状態にあるのに、虚偽の申告をしたがばかりに、利用できなくなってしまうことがないように誠実にご自身の情報を伝える必要があるのです。

おまとめローンのサービスを提供する貸金業者などは、まず、本人の信頼性を見ることになります。

申込みをして、貸金業者の担当者と話をする場合にも、誠実に丁寧な態度をとることが必要です。

決して、横柄な態度をとったり、虚偽の申告をしますと、ご自身の信用が下がり、おまとめローンを利用できる可能性は低くなります。