■持ち家があるかどうかもチェックされ、あれば審査に有利


おまとめローンを利用する場合には、キャッシングやカードローンと同様、保証人や担保は必要ありません。

ただし、多額のおまとめローンになる場合には、連帯保証人を要求されることもあります。

おまとめローンを利用する人は、毎月の借金の返済に窮している人です。

おまとめローンを利用して、毎月の返済額が少なくなったとしても、しっかりと返済するわけではありません。

おまとめローンにしても返済ができない人は、債務整理をするしか方法がなくなってしまいます。

民事再生や任意整理の場合には、金利負担分を少なくする効果はありますが、それすらできないような人は、自己破産手続きをしなければなりません。

自己破産になりますと、債権者(貸金業者)は、利用者の不動産などを差し押さえて、少しでも、お金を回収することになります。

ですから、不動産を持っている人(持ち家がある人など)は、自己破産をしても不動産を処分することにより、少しでもお金を回収することができるわけです。

ですから、おまとめローンの申込みをする場合には、持ち家があるか否かなどもチェックされると思います。

賃貸住宅などに住んでいる場合には、資産が少ないので、万が一返済ができなくなってしまった場合には、貸金業者にとっては、融資したお金の全てを失ってしまうという状態になってしまうのです。

また、自己破産をしますと、貸金業者の専任の弁護士が債権の回収をするように対応します。

不動産などの資産がない人からお金を徴収することにも限界があるので、やはり持ち家の人の方が、おまとめローンを利用しやすいと思っても過言ではないでしょう。