■多重申込者は余程お金に窮していると見なされる


すぐにでもおまとめローンを利用して、出来る限り金利を安くしたい、返済の管理をしっかりしたいと思い、複数の貸金業者などに申込みをする人がいると思いますが、決してしてはならない行為です。

また審査に通らなかったら短期間に次々と別の金融機関などに申込みをする人もいるかもしれませんが、これもどちらかといえばNGです。

おまとめローンの申込みをした履歴なども信用情報機関に登録されていますので、複数の貸金業者に申込みをしている多重申込者は、余程お金に窮しており、どの会社でも良いと見なされてしまうのです。

申込みをするだけならば、費用もかかりませんし、候補となる複数の貸金業者におまとめローンのお願いをすることは問題がないと思っている人もいると思うのですが、おまとめローンの申込みは、1社に絞った方がよろしいです。

おまとめローンだけではなく、キャッシングやカードローンの申込みをする場合も同様のことが言えます。

ですから、インターネットの口コミ情報やおまとめローンの比較サイトなどを通じて、最も良いと思われる貸金業者を選択することが大切です。

どの貸金業者にするのかという判断基準は、金利がより安い業者で、返済期間があまり長くない業者を選択すべきです。

そして、特定の1社におまとめローンをお願いしましたら、審査結果を待つようにしましょう。

ある貸金業者ではおまとめローンを利用できないような場合でも、別の貸金業者ならおまとめローンを引き受けてくれる可能性も高いのです。

特定の1社におまとめローンのお願いをして却下されてしまったような場合でも、その結果を受けて新たな貸金業者におまとめローンのお願いをする対応が必要です。