■多重債務者におススメのローンの一本化


おまとめローンという言葉を聞いた人はいると思います。

おまとめローンとは、文字通り、ローンをまとめるということです。

住宅ローンやマイカーローンなどの目的が定められている目的別ローンではなく、キャッシングやカードローンなどのように利用使途が定められておらず、利用限度額までは、いつでも何度でも借金ができる業者から、複数借入れをしているような場合には、返済の管理がとても面倒です。

ほとんどの場合は、リボ払いという分割払いを選択しているケースが多いと思うのですが、それぞれの貸金業者への返済期日などはことなりますし、返済額についてもしっかり理解しておかなければなりません。

また、それぞれの貸金業者の金利の条件も異なっています。

中には金利の高いローンで借り替えることによって金利負担を少なくできるものもあるかもしれません。

そもそも複数の貸金業者から借金をしている状態になるということ自体が問題なのですが、全ての債務を一本化して、特定の貸金業者に返済をするようにすれば、返済の管理の煩わしさがなくなるのです。

そして、債務の一本化をする際に、最も金利の安い貸金業者を利用すれば、金利の負担分が軽くなるのです。

多重債務者の方は、ぜひ、おまとめローンにするように対応すべきだと思います。

ただ、キャッシングやカードローンを利用する際には、比較的敷居が低いのですが、おまとめローンの場合には、貸金業者にとっては、貸し倒れになってしまう可能性も高いので、しっかりと返済できるか否かということに関しては、とても厳しい基準が設けられていることを理解しましょう。


●どんなローンでもおまとめローンで借り換えできるか?

そもそもおまとめローンと言うのは、様々なローンをひとつにまとめることを目的とした借り換えローンであり、色々な金融機関で提供されていますが、中にはフリーローンをおまとめローンの用途として使えることとしている金融機関もあります。

フリーローンだと使途は問われない訳ですから、カードローンやフリーローンはもちろん、自動車ローンなどもまとめて、おまとめローンとして借り換えできることになります。

ただし、いくらフリーローンだといっても、「事業性資金」の場合は除外されるケースが多いため注意が必要です。

事業性資金の場合は、審査の着眼点が個人のローンと全く違い、決算書・試算表などの財務内容やキャッシュフロー、企業の成長性・存続性・人材・取引先・資本背景・扱い商品など様々な観点から判断が行われるからです。

事業性資金の場合は、全く別物と考えましょう。